マシュマロと胡椒

占星術とカード。日常にみつける遠くからの意思。キレイなもの、フワフワからトンガリまで。

出会ってしまえば止められないこともある、けれど。

今日、午前10時28分頃、山羊座日蝕を伴う新月を迎えました。

立場や責任、感情を抑えなければならないようなこと。秘密の思い。

今日はそんなことがテーマになりました。

 

理性で抑えきれない思い。

常識や良し悪しを一旦横において、そんな人と出会えたことは素晴らしいと認めていいと思うのです。

頭より先に心が動いてしまった。それだけのこと。さて、そこからどうするかは理性の出番です。

生きていて、社会生活をしていれば人に出会います。

何十年生きているうちに誰にも心を揺さぶられない人っているのでしょうか。

誰かのものを、周囲を傷つけても自分のものにしたいと思う人も、心の中で思いを温めるだけで生活が潤うという人も、ほかにも色々、

自分の心の隙間を何かに埋めてもらいたいのかもしれません。

そんな風に思っていないかもしれないけれど。気づいていないかもしれないけれど。

誰かに自分を分かってほしい。こんな自分の気持ちを誰かに丸ごと受け止めてほしい。そしてそれをぶつけられる相手、対象に出会ったとき、心が震えます。

そのことを思うとほかのことが手に付かなかったり、いつもできる簡単なことさえミスしてしまったり。

人の心は悲しいけれど移り変わるものだと私は感じています。自分がどれだけ一途でも。心が千切れる思いをして相手との関係を解消しなくてはならない時もあるでしょう。

今の生活を変えられないから、騙しダマし生きている人もいるかもしれない、むしろそんな人が多い気がします。

でも来年、再来年、今の状況が続くでしょうか。未来を感じられるでしょうか。信じられますか?

溢れる思いを手懐け、悩みもがきながら、自分がいまできることをはじめてください。

一歩踏み出すと景色が変わり環境、居場所が変わっていくと思うのです。

永遠に葬り去る必要のある秘密も奥に抱えたままでいいから。

 

苦しい思いもまっすぐに向き合っているからこそなのだと思います。

私でよければお話伺います。

いつでもお問合せください。→

 

綾野こころ

f:id:ayanokokoro:20181211204043j:plain