マシュマロと胡椒

占星術とカード。日常にみつける遠くからの意思。キレイなもの、フワフワからトンガリまで。

山羊座満月/2018

 

『決然と、未来志向で人間関係を変える。本当に引き受けられる相手を選ぶこと。』

 

数ヶ月ぶりの満月読みです。

6月28日午後、山羊座で満月を迎えました。

1月の山羊座新月ではこんなことを書いていました。

 

1月17日午前、山羊座新月を迎えました。

沸き立つような熱い感情を心の奥に孕み、いつものように冷静さを装いながら、視線は行く手だけに向いている。ぶれることない決心の固さはその空気から伝わってきます。

言葉少なではあるけれど、自分の欲望に忠実になり、そのために本当に動いていく。今回、机上での空論はありません。

今までやったことがない方法を試す。夢や、ふとした時にいいアイディアが浮かぶかもしれません。たとえ奇抜でも、そのシャープさはあなたが欲しいものを手に入れるための力を鍛えてくれます。

惜しみない応援を受けながら、また同時に本気かどうかを試されます。

「欲しい」に素直に。それがあなたをあなたの行きたい場所へと運んでくれます。

そしてその流れを作るのはあなた自身です。

 

願ったことは実を結んだでしょうか。自分の「欲しい」に素直になれたでしょうか。

この半年、惜しみない応援を受け、本気かどうかを試されてきたのではありませんか?

ここからはその願いのノートを広げて見直しする時間です。

変わるはずのなかった人間関係、自ら動いて手に入れた社会的知識、目を引く看板。そういうものを綺麗に整理。周りから喜ばれるような見栄えにすることも大切になります。

ここまで、ゆるいつながりやその場に一緒にいるからという理由で関わってきたけれど、それらを希望を抱きながら改善する空気。その時に大切にしたいのは、伝え方です。言葉は使い方によっていとも容易く刃物となります。関係を良くしようとする意識はお互いに持っているのですから、強く言わなくても大丈夫です。また、新しい人を責任持って仲間に引き入れるということもあるかもしれません。

自分に甘くなりがちな点に注意しながら、重い腰を上げてより良い関係を育み、広い視野を持って取捨選択すること。

ひとつひとつ丁寧に手にとって見直していきましょう。

 

綾野こころ

 f:id:ayanokokoro:20180628235056j:plain