読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

要メンテ

ここ何年も自分の健康について見向きもしてきませんでした。

それまでは口にするもの触れるもの、頭で考えることも出来るだけ選び、行動も纏まっていてバランスを保っていました。それなりにしんどいこともありましたが、理想に向かって生き生きとしていたように思います。

子供が大きくなり、家族の生活リズムがそれぞれ違ってきて、自分の時間を細切れにしないと対応できなくなってからは、生活のリズムが整わなくなってきました。

そのため途中で時間と家族の管理を大幅に緩めました。できる限り自分でやってもらうことにしました。そうしないと自分が持たない。

それでも仕事と私生活の両立は自分の小ぶりなキャパをあっさり超えました。肩が痛くてあがらなくても、首が横に回せなくても、放置。髪を切りに行って、マッサージしてもらう度、美容師さんは力ずくで肩を揉んでくれました。

我慢してればそのうち治るかも、なんてどこから来る自信なんだか。

 いよいよ本当に肩が痛くて生活に不便を感じ始めて整形外科へようやく行くことに。病名は付きましたが、肩こりも首こりも治らず、コルセットだけもらって終了しました。

なぜだ。

そんな時、お友達が定期的に針でコリをほぐしているのを知り、私も紹介してもらって鍼灸院へ。

覚悟していくことを薦められていましたが何のことやさっぱり分からず聞き流して行って、バカですね、人のアドバイスは聞くもんですね。

痛いのなんのって。針が皮膚を貫通する痛みではなく筋肉に刺さるときの痛み。刺したところと全然違うところにビリビリと雷のように電気が走りました。

放置している間の重さは特に痛みはないが、抜くときはまた痛い。

痛い話ばかりしていますが、効果はどうかというと、いまのところ首は動かしやすくなりました。

まだあと数回通う予定です。万歳ができるようになるまで! 

(放置しすぎですね。)