マシュマロと胡椒

占星術とカード。日常にみつける遠くからの意思。キレイなもの、フワフワからトンガリまで。

獅子座満月と皆既月食:2018/1月

f:id:ayanokokoro:20180130173142j:plain

 

『ソードクイーン』

 

一年で一番寒い季節。

今年は一段と寒さ厳しい冬です。先週降り積もった雪がまだ融けることなく、残った雪は凍って路肩や庭先に残っています。

水溜りの氷が一日中融けないのを見るもの久しぶり。

 

私は水瓶座に太陽と水星を持っています。

この季節の雲ひとつない晴れた朝。皮の手袋の指先が悴みます。

頬を刺す冷たさも、切り裂くような緊張感も、凛として潔い。

甘さのないこの空気に触れるとき、いつも姿勢を正したくなります。

『前を向きなさい』と背中を押されているように感じるからです。

 

あす1月31日の夜、獅子座で満月を迎えます。

あなたの迸る思いを、目の前の相手は受け止めてくれる。

互いにしか分かりえない「個性」を貫き、まっすぐにただ楽しむ。誰にも迎合することなく。

二人が存分に楽しめば、表出した輝きがやがて周囲に受容され広がってゆきます。

 

また、自分たちの足元、磐石と信じていた心の寄る辺に大きな変化が訪れます。

それはおうち、ふるさと、自分が安心して所属しているどこかで起こり、それによって目標や、人との関係も変わっていきます。

避けられないことではあるけれど、その変化を受け止めるだけの度量は充分にあります。

 

そして。ここまであなたがめいいっぱい抱えてきて、もう抱えきれないことは、イメージの中で一旦洗い流してみてはいかがですか。

必要なものが残ります。砂金のように。

それはどこかであなたが気づいていたことかもしれません。

 

 

 綾野こころ

Twitter